So-net無料ブログ作成
検索選択

介護サービスの選定支援制度、調査機関に全国初の行政処分―静岡県(医療介護CBニュース)

 静岡県は3月29日、利用者の事業者選定を支援する「介護サービス情報公表制度」の県指定調査機関である株式会社アイアールネットワーク(静岡県浜松市)が虚偽の報告をしたとして、介護保険法に基づく行政処分(改善命令)を行ったと発表した。指定調査機関が処分されるのは全国で初めて。


 静岡県の調べによると、同社は介護サービス事業所を訪問せずに虚偽の報告をしたり、訪問したものの手数料を徴収しないことがあったりしたことなどから、「管理がずさん」(静岡県)と判断。介護保険法に基づく行政処分としては、指定調査機関の取り消し、事業の停止に次いで重い改善命令を出した。

 静岡県は同社に原因調査と再発防止策の策定、社員教育の計画を4月30日までに報告するよう求めている。

 同社では「管理面に不具合があったため、このような事態となった。即座に再発防止策を立て、実施する。関係者各位には大変申し訳ないと思っている」(広報担当)と話している。


【関連記事】
介護サービス情報公表手数料、1万円の大幅減
「介護サービス情報の公表」制度でシンポ
介護サービス情報の公表制度を読み解くシンポ−世田谷区
介護サービス情報公表、都道府県で利用に差
介護サービス情報公表制度を拡充

河村市長「議員全員が辞職して信を問うべき」(読売新聞)
福知山線「賠償交渉の会」遺族、安全研究施設の設置要望(産経新聞)
JAYWALKボーカルを起訴、大麻所持は起訴猶予 東京地検(産経新聞)
<大学・短大認証評価>愛知学院大法科大学院は「不適合」(毎日新聞)
警視庁警部補が下着ドロ未遂 洗濯機を物色か(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。